トップ > 研修プログラム > アカウンティング研修





『決算書を読む技術』研修(基礎編)



たった1日で財務諸表の読み方と財務分析方法がマスターできる!
図を使って視覚的に理解できる画期的な財務研修!



財務諸表は会社の実態を表す羅針盤であるため、財務諸表を読むスキルはすべてのビジネス
パーソンにとって必須のスキルです。

本研修では、財務諸表を図に置き換えて分析するスキルを学び、実在する有名企業の財務諸
表をケーススタディとして分析演習を繰り返し行うことで、会計的ビジネスセンスを自然に
身につけることができます。



新入社員、若手社員、管理職候補社員



午前の部
1.研修のアウトライン
(1)講師の紹介
(2)研修のゴール
(3)研修の全体像の説明

2.財務会計の基礎
(1)ビジネスと財務諸表とのつながり
(2)財務諸表はなぜ必要?
(3)3つの重要情報の位置づけ

3.貸借対照表
(1)貸借対照表を大局的に把握する
 【演習】貸借対照表を図に置き換えて分析する
 【問題】安全性が高い会社はどっち?
(2)貸借対照表の主要勘定科目とその意味
(3)<確認テスト>

4.損益計算書
(1)損益計算書を大局的に理解する
 【演習】損益計算書を図に置き換えて分析する 
 【問題】収益性が高い会社はどっち?
(2)損益計算書の主要勘定科目とその意味
(3)<確認テスト>
午後の部
5.キャッシュ・フロー計算書(C/F)
(1)キャッシュ・フロー計算書を大局的に理解する
【演習】C/Fを図に置き換えて分析する 
【問題】このC/Fから会社の実態を見抜けるか
(2)フリー・キャッシュ・フローとは?
(3)<確認テスト>

6.財務3表の相互関係

7.固定資産と減価償却
(1)費用なのに支出じゃない?
(2)耐用年数と減価償却方法
(3)設備投資の際はここに注意!
(4)<確認テスト>

8.主要な財務指標の使いこなし方
(1)自己資本利益率(ROE)
(2)総資本利益率(ROA)
(3)総資本回転率
【演習】同業他社比較をしてみよう
スターバックス vs ドトール・日レス
小田急電鉄 vs 京王電鉄

9.まとめ
 今日学んだことを今後自分で実践するために(5分)



時間・金額については応相談。



「受講者満足度96%」の実績ある研修です。

座学を必要最小限にとどめ、問題やディスカッションを多く取り入れ、積極的に財務会計の
基礎が習得できるカリキュラムにしております。




講師写真
川口 宏之
ジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社
この講師の他の研修プログラム一覧
プログラムが見つかりません。



同じカテゴリの研修プログラム一覧
前の10件 次の10件
新着の研修プログラム一覧
前の10件 次の10件
尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット


-->

Copyright © 2006-2008 Consulgent. All Rights Reserved.
経営コンサルティング紹介エージェント 株式会社コンサルジェント