講師をお探しの方

  • 講師の探し方
キーワード検索
  • 講師の絞込み検索
  • 研修プログラム検索
  • エージェントに選定依頼
  • ユーザー会員登録(無料)
ID
パスワード

次回から入力を省略

ID・パスワードを忘れた方

講師の方

  • 研修堂の使い方
  • 講師会員登録(無料)
ID
PW

次回から入力を省略

ID・パスワードを忘れた方

お勧めコンテンツ

  • 研修堂メールマガジン
  • 講師向けメールマガジン
  • 社員研修プログラム
  • 研修施設
  • 研修サポート
  • 研修会社関連リンク集
  • 相互リンク集
  • 広告のご案内
  • 中村天風 珠玉の名言名句を持ち歩ける絶賛のダイアリー、2017年版!
  • 「全国経営者セミナー」厳選20タイトル収録講演CD・講演DVD
  • 経営コンサ・E織鵐斑気靴侶弍墜・ width=
  • 広報ブ・前
  • スタッフブ・前
  • 経営コンサ・E織鵐汎販・・塙嶌臓Ч嶌腺VD
  • コンサ・E織鵐肇屮繊 width=
  • おすすめビジネス本書評
  • チャイナプ・糎ェクト

お知らせ 新着情報をRSS配信しております。

2017年4月13日  【登録講師が800名を突破しました!】

今後もより一層、優秀な講師の掲載に努めてまいります。

2016年1月13日  【システム障害のご報告とお詫び】

1/7〜1/13にサーバーのシステム障害によりサイトが正常に表示されない状態となりました。謹んでお詫びを申し上げます。

2014年6月23日  【登録講師が700名を突破しました!】

今後もより一層、優秀な講師の掲載に努めてまいります。

2013年9月13日  【講師絞り込み検索に都道府県検索を追加しました】

講師プロフィールおよび講師絞り込み検索機能に都道府県を追加しました。

2012年11月13日  【Tシャツつくろう研修】

価値観共有したいならTシャツつくろう研修をアップしました。

2011年1月31日  【研修堂公式メルマガをリニューアルしました】

「厳選研修プログラム100」として公式メルマガをリニューアルしました。右上フォームよりご購読下さい。

2010年9月10日  【講師お試しパックをリリースしました】

研修会社様向けに講師料0円の社員研修プログラムお試しパックをリリースしました!

2010年7月2日  【研修プログラムの掲載をスタートしました】

研修講師の「社員研修プログラム」の掲載を開始しました。中央の「新着の研修プログラム」または左メニュー「研修プログラム検索」よりご覧下さい。

2010年6月2日  【講師向け有料オプション機能を追加しました】

プロフィールのセルフ編集、URLリンク、著書掲載等をご利用いただけます。

2007年11月5日  【11/5 営業チーム強化セミナーを実施しました】

研修堂オススメの人気講師2名による体験型セミナーを実施しました。

メールマガジン

2011年、リニューアルしました!メールマガジン『研修企画の担当者必読!厳選研修プログラム100』
 
powered by まぐまぐトップページへ バックナンバー

■第130号バックナンバー(2015年03月09日発行)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■ 『研修企画の担当者必読!厳選研修プログラム100』
■■                       第130号 2015/03/09
■■
                 社員研修・研修講師の業界情報が満載!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.kenshudo.net/

<INDEX>

1.教育も選択と集中

2.プログラム紹介:『通販企業必見!新機能性表示食品対応の統計的検定』
                                                   野田昌太郎氏
3.クローズアップ講師&新着講師情報!

4.今月のおすすめテキスト『賃金制度の作り方スターターキット』

5.今月のおすすめセミナー

────────────────────────────────────
《PR》

   最新刊 『社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営』

どんな経営環境でも社員の給料を上げ、同時に増益を達成する財務のカリスマ
社長が、小さな町工場を東証一部企業へと育て上げる中で実践してきた「佐藤式
人件費コントロール」を公開。導入各社の成功実例とヒナ型実習で分かりやすく
説く注目の書。

◎特別割引価格⇒ https://secure.jmca.jp/sale/1191?&id=106

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1.教育も選択と集中
────────────────────────────────────

こんにちは!編集長の小林です。

さて、この時期は来年度の提案&予算取りが最終段階となります。
教育をやめる企業、去年のものを継続する企業、抜本的に変える企業など
さまざまです。

このメルマガでも何度か書きましたが、この提案段階でいつも挙がってくる
話に「研修でどうやって成果を出すか?」があります。
これには発注側も講師側も常に頭を悩ませます。

個人的な意見を言えば「対象を絞って、継続的に実施」しかないかなと。
このやり方をやっている企業は高い確率で受講者が成長しています。

機会の平等を重視するための教育も必要ですが、本当に人材育成をしたいなら
選択と集中が大切なんだなと思います。

                        メルマガ編集長 小林

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.プログラム紹介:『通販企業必見!新機能性表示食品対応の統計的検定』
────────────────────────────────────

こんにちは!西日本研修担当の廣川です。

今回は、中小企業から上場メーカー、卸・小売業、通販業までマーケティング・
プロセスに沿った研修を実務レベルに落とし込む実践法を得意とされている野田
昌太郎先生をご紹介させて頂きます。

マーケティングから経営全体のマネジメントまで得意とされていますが、今回は
『通販企業必見!!新機能性表示食品対応の統計的検定』をご紹介いただきます。

http://www.kenshudo.net/view_training/?training_id=695

どうぞご覧くださいませ。


●早速ですが、『新機能性表示食品対応の統計的検定』の研修について、その狙
いや背景や得られる成果についてお教え頂けますでしょうか?


(野田)消費者庁は、食品の新たな機能性表示制度(新制度)の運用を見据え、
ガイドラインの公表が予定されています。

来年度より、このガイドラインにそった形であれば、これまでダイレクトに機能
を訴求できなかった健康食品が、実際に何らかの身体への良好な機能が科学的に
存在する場合、その機能を表示しても良い、つまり、広告・宣伝に使える事とな
りました。これは、実は画期的なことである一方、大きなリスクを含んだ制度が
開始されるということとなります。

その画期的な効果は、通販企業であればすぐに理解できると思いますが、従来は
抽象的な表現しかできなかった健康食品が、「○○の効果がある!」とダイレク
トにその機能を表示できることとなることを意味しています。

従って、本当に機能が良好に生じる健康食品と、そうでない健康食品が明確に区
別されることを意味しますので、効果のある健康食品を生産・販売している企業
にとっては、非常に大きなビジネスチャンスが誕生することとなります。

しかし一方、実は科学的な根拠が乏しい健康食品は効果が訴求できないこととな
り、市場から退出せざるを得ない状況となるだろうということです。

また、実はもうひとつ、隠れたリスクが潜んでいます。ある企業で機能性を実証
できた食品でも、時間経過と共に、その効果に疑いがかけられて、反証論文が発
表されてしまうと、その反証論文に対する更なる反証をしなければ、当初謳って
いた機能性の表示ができないということも発生してしまうのです。

このようなメリットと大きなリスクの両方を包含した制度が開始する訳ですが、
いずれにしても、「科学性の拠り所」となっている"統計的検定"に対する正しい
理解がないと、自社での実証も学術論文を閲読しての判断もできないわけです。

だからと言って、市販されている統計書を読んでも、そもそも統計学者は天才的
に頭が切れる方が多いこともあって、なかなか数学的知識がないと、腑に落ちる
レベルまでの理解は得られません。 

一方で、「統計的検定」の理解を独学で学ぶのは至難の業ですし、やる気はあっ
てもそもそも統計書自体、非常に難解な用語や数学の知識がないと読みこなせな
いと言うのが実情です。

このような状況を踏まえ、永年、通販業界のマーケティング・アドバイスや大学
で社会調査論を講義してきた経験とノウハウをベースに、数学の知識のない方に
も「理解しやすい・腑に落ちる」そして「明日から使える」、本当に役立つ説明
資料の作成と実施が実現しました。通販会社にとって、死活問題ともなる「新機
能性表示食品」への対応を本講座で楽しく学んでください。


●研修の中に説明いただく、「科学性の実証」についても重要だと思いますが
そのポイントなど御座いましたら、お教え頂けますでしょうか?


(野田)『食品の新たな機能性表示制度』への対応は、「いかに機能性食品の実
機能を科学的に証明するか」ということにつきます。

みなさまご存じのように、この「科学性の実証」には、1)自社で科学的に(健康)
食品の機能性を実証する、2)(健康)食品の機能性を実証している学術論文を検索
して引用するという2つの方法が存在します。

大手企業であれば、自社内に研究所なり、ラボなどの実証部門があると思います
が、中堅企業以下の規模ではなかなかそんな部署を持っている会社は少ないのが
現状です。しかし『食品の新たな機能性表示制度』は数人の会社でも中堅企業に
も一様に課される制度となってしまいますので、企業規模に応じた対応をせざる
を得ないわけです。


つまり、「1)自社で科学的に(健康)食品の機能性を実証する」ということは不可
能でも、「2)(健康)食品の機能性を実証している学術論文を検索して引用する」
という方法は、取れるし、取る必要があるということとなります。

従って、この1)又は2)を自社の技術として確立して、「科学性の実証」をするた
めに必須となる「統計的検定」を、数学知識のない方でも、その統計的なしくみ
を図として理解してもらいながら、目からうろこが落ちるレベルまで理解しても
らおうと開催するのです。


●なるほどですね。また本研修にございます「基本統計」という項目も非常に気
になるのですがそのポイントについても、簡単にご説明頂けますでしょうか?


(野田)はい。「基本統計」というのは、データの散らばり具合や推測を行う際
の本当の値の存在している位置を知るためには必ず通らなければならない考え方
です。例えば、一般的な会話でもよく出てくる「平均」という概念を例にすると、
ある食品なり薬なりを利用した際に、複数の人の幅のある効果をひとつの指標と
して算術的に表した値です。

要は、「平均」という指標を使って、データの全体を理解しようとする最も基礎
的な考え方ですが、このような場合でも、平均だけで全体を推し量ることが無理
な場合があります。

従って、データのバラツキを表す「偏差」や「標準偏差」、データの代表的な分
布を表す「正規分布」などを、図や分かりやすい表を使いながら、簡単に、しっ
かりと理解してもらう方法を編み出しています。


●様々なポイントなどのご説明をありがとうございます。それでは最後に野田先
生は多くの業種コンサルティングや大学での講義など非常に豊富なご経験やご実
績が御座いますが、その取組やまた成果を簡単に教えてください。


(野田)以前は、大手メーカーさんや大手の通販企業などの商品開発まわりと広
告活動の支援、そして、大学での講義を中心に活動していました。

最近は、ホテルや旅館といった地域企業の経営支援も実践的に行っています。
民間企業であれ、大学であれ、「明日から使える」技術やノウハウでないと意味
はないと考えています。そんな考えから、取り組みのベースになっているのは、
「実践的にクライアントで再現実施が可能か?」ということに、特に注力してき
ました今後もその方針は変わらないと思います。

今後共、どうぞよろしくお願いいたします。


●野田先生、本日は大変に有難う御座いました。



<講師プロフィール>

ドライビング・フォース 野田昌太郎氏

中小企業から上場メーカー、卸・小売業、通販業までマーケティング・プロセス
に沿った研修を実務レベルに落とし込む実践法を体得する研修です。商品開発シ
ートや表現コンセプトシート等、貴社で活用できるマーケティング・シートも教
材として提供しています。


<研修プログラム>

『通販企業必見!新機能性表示食品対応の統計的検定』

 ⇒http://www.kenshudo.net/view_training/?training_id=695


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3.クローズアップ講師&新着講師情報!
────────────────────────────────────

このコーナーでは研修堂のお勧め講師をご紹介します。まずクローズアップ講師
は、研修堂がぜひお勧めしたい実績豊富なプロ講師です!新着講師は、新しく登
録いただいた研修講師をピックアップしてお届けします。


<クローズアップ講師> ※順不同

◆アチーブ人財育成  諌山敏明氏

⇒私がお伝えする講演は、会場とのやり取りや、ワークを取り入れた参加型のフ
ァシリテーションスタイルが基本です。受講された皆様自ら「気付き」を得、す
ぐに実践したくなり習慣化につながって、モチベーションがアップすると高い評
価をいただいております。


◆ワークスラボ  田和尚久氏

⇒実践(アウトプット)型が弊社研修の特徴です。本格的なビジネスゲームやグ
ループディスカッション(対立・衝突が必ず発生する内容)を実践することで、
インプットしている知識やスキルが、実践できているのかチェックし、自身のバ
リューを認識します。


<新着講師> ※順不同

●株式会社ふたばらいふ 森 義信氏

⇒救急隊長として長く現場第一線で活動していた経験から、緊急時の心得・対応
をわかりやすくお伝えします。特に保育士・介護士・教育にかかわる職業の方に
はおすすめです。救急車を呼ぶ判断や救急車到着までにできること、状況に沿っ
た緊急時対応を学べます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4.今月のおすすめテキスト
────────────────────────────────────

    確かな賃金制度をつくる・見直す社長のための作成キット

        『賃金制度の作り方スターターキット』

                 賃金管理研究所[著]

ホンダ、シチズン、カゴメ…など大中小6,500社以上が導入し、長期繁栄の土台を
築いている賃金制度の作り方をテキスト・音声CD・作成フォーマットを使って
徹底解説。さらに作成実習フォロー講座で専任講師が直接指導いたします。初め
ての方でも、簡単にマスターできるお得な教材セット!

◎特別割引価格 ⇒ https://secure.jmca.jp/sale/1189?id=106

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5.今月のおすすめセミナー(2015年3月〜)
────────────────────────────────────

●仕事を軸にしたリーダーシップ研修(3/18・埼玉)
http://www.kenshudo.net/seminar_detail/?id=1424065860-308450

●中小企業の就業規則と賃金設計実践講座(3/18・兵庫県尼崎市)
http://www.kenshudo.net/seminar_detail/?id=1421200464-724697

●10個のルールで覚えるやさしい決算書の見方(3/25・東京)
http://www.kenshudo.net/seminar_detail/?id=1422114797-738907


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■あとがき
────────────────────────────────────
野田先生は、大学での講義や専門的なマーケティングのノウハウを実践で活用し
て、成果を出されているコンサルタントです。理論と実務の両輪をしっかり回し
て、クライアント様の営業利益の創出をしっかり成果として出されている事が大
変に素晴らしいと思っております。マーケティングや調査など、是非お声掛け頂
ければ幸いに存じております。(廣川)

∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
◆社員研修・セミナー講師探しの『研修堂』http://www.kenshudo.net
◆経営コンサルタント探しの『経営堂』http://www.keieido.net
<運営会社>
経営コンサルタントの購買代理エージェント《株式会社コンサルジェント》
〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-3 LEAGUE(リーグ)201
〒541-0044 大阪市中央区伏見町4-4-9 オーエックス淀屋橋ビル3F ◎研修堂に関するご意見・お問合せ: http://www.kenshudo.net/contact/ ※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載することを 禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します。 ∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽ このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行しています。 配信解除はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000208077.html ∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
 
powered by まぐまぐトップページへ バックナンバー

ページの先頭へ