講師をお探しの方

  • 講師の探し方
キーワード検索
  • 講師の絞込み検索
  • 研修プログラム検索
  • エージェントに選定依頼
  • ユーザー会員登録(無料)
ID
パスワード

次回から入力を省略

ID・パスワードを忘れた方

講師の方

  • 研修堂の使い方
  • 講師会員登録(無料)
ID
PW

次回から入力を省略

ID・パスワードを忘れた方

お勧めコンテンツ

  • 研修堂メールマガジン
  • 講師向けメールマガジン
  • 社員研修プログラム
  • 研修施設
  • 研修サポート
  • 研修会社関連リンク集
  • 相互リンク集
  • 広告のご案内
  • 中村天風 珠玉の名言名句を持ち歩ける絶賛のダイアリー、2017年版!
  • 「全国経営者セミナー」厳選20タイトル収録講演CD・講演DVD
  • 経営コンサ・E織鵐斑気靴侶弍墜・ width=
  • 広報ブ・前
  • スタッフブ・前
  • 経営コンサ・E織鵐汎販・・塙嶌臓Ч嶌腺VD
  • コンサ・E織鵐肇屮繊 width=
  • おすすめビジネス本書評
  • チャイナプ・糎ェクト

お知らせ 新着情報をRSS配信しております。

2017年4月13日  【登録講師が800名を突破しました!】

今後もより一層、優秀な講師の掲載に努めてまいります。

2016年1月13日  【システム障害のご報告とお詫び】

1/7〜1/13にサーバーのシステム障害によりサイトが正常に表示されない状態となりました。謹んでお詫びを申し上げます。

2014年6月23日  【登録講師が700名を突破しました!】

今後もより一層、優秀な講師の掲載に努めてまいります。

2013年9月13日  【講師絞り込み検索に都道府県検索を追加しました】

講師プロフィールおよび講師絞り込み検索機能に都道府県を追加しました。

2012年11月13日  【Tシャツつくろう研修】

価値観共有したいならTシャツつくろう研修をアップしました。

2011年1月31日  【研修堂公式メルマガをリニューアルしました】

「厳選研修プログラム100」として公式メルマガをリニューアルしました。右上フォームよりご購読下さい。

2010年9月10日  【講師お試しパックをリリースしました】

研修会社様向けに講師料0円の社員研修プログラムお試しパックをリリースしました!

2010年7月2日  【研修プログラムの掲載をスタートしました】

研修講師の「社員研修プログラム」の掲載を開始しました。中央の「新着の研修プログラム」または左メニュー「研修プログラム検索」よりご覧下さい。

2010年6月2日  【講師向け有料オプション機能を追加しました】

プロフィールのセルフ編集、URLリンク、著書掲載等をご利用いただけます。

2007年11月5日  【11/5 営業チーム強化セミナーを実施しました】

研修堂オススメの人気講師2名による体験型セミナーを実施しました。

メールマガジン

2011年、リニューアルしました!メールマガジン『研修企画の担当者必読!厳選研修プログラム100』
 
powered by まぐまぐトップページへ バックナンバー

■第126号バックナンバー(2014年11月05日発行)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■ 『研修企画の担当者必読!厳選研修プログラム100』
■■                       第126号 2014/11/05
■■
                 社員研修・研修講師の業界情報が満載!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.kenshudo.net/

<INDEX>

1.残業削減とワークライフバランス

2.プログラム紹介:『明日からデータを仕事に使うための実務データ分析研修』
                              柏木 吉基氏

3.クローズアップ講師&新着講師情報!

4.今月のおすすめビジネス書『経営の処方箋─社長の悩みに効く67のアドバイス』

5.今月のおすすめセミナー

────────────────────────────────────
《PR》 
         今だけ無料ダウンロード!
      「先行企業が明かす採用成功ノウハウ集」

「ダイレクト・リクルーティング」とは、企業の人事担当者が、人材データ
ベースやSNSなどを利用して、優秀な人材を直接採用する手法のことです。
「ダイレクト・リクルーティング」を実践し、人材獲得競争を勝ち抜いている
先行企業のノウハウをまとめました。

<事例紹介企業>
すかいらーく、日本GE、ファミリーマート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、
大幸薬品、西川産業、スターフェスティバル、セキチュー

    ▼まずは「採用成功ノウハウ集」無料ダウンロード▼
           http://goo.gl/gsoS0x

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1.残業削減とワークライフバランス
────────────────────────────────────

こんにちは、発行者の樋笠です。

弊社がお世話になっている研修会社の担当者様より、

「最近は残業削減がトレンドの中、管理職の具体的な時間管理のスキルが必要」
というご意見をお聞きしました。

私が20代のころは、長時間労働が当たり前で、部下に仕事をさせるのが管理職の
仕事という悪しき風潮がありました。

今やすっかり、欧米並みに、家庭やプライベートの時間を大事にして、残業せず
に短時間で成果を上げることが奨励されるようになりました。

この風潮はとても良いことだと感じますが、やはり管理職には、その「技能」が
必要ですから、「時間管理のプロ」講師による研修は必修だと感じますね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.プログラム紹介:
────────────────────────────────────

こんにちは!西日本研修担当の廣川です。

今回は、日立製作所、日産自動車で財務部門、海外マーケなど4年を経験し、更に
組織開発部(=社内コンサルタント)の責任者として現場の改善を行って来られた
柏木吉基先生のデータ分析研修をご紹介させて頂きます。

『明日からデータを仕事に使うための 実務データ分析研修 入門』
〜データの整理だけ→実務で役立つデータ分析が出来る〜

 ⇒http://www.kenshudo.net/view_training/?training_id=689


それではインタビューをどうぞ!


●本日は大変にお忙しい中、お時間を頂きまして、誠に有難う御座います。
早速ですが、仕事でデータを使い始めるための「実務データ分析(準備・入門編)」
の狙いや背景や得られる成果についてお教え頂けますでしょうか?


(柏木) 
データサイエンティストの時代と言われていますが、データ分析の専門家に必要
なスキルと、一般実務に必要なスキルとの間には大きなギャップがあります。

組織の全員はデータサイエンティストになる必要はなく、どの部署の人間も数字
やデータを効果的に自分の仕事で使える状態が、組織の競争力を高めることにな
ります。私はそのような目標や課題意識をお持ちの企業を後押しするサポートを
させて頂いております。研修のタイトルの最初に「実務」の2文字が入っている
のは、これを表したものです。

世の中の変化のスピードがこれほどまでに速く、情報量も膨大になった今、数年
前の経験だけではとても戦えません。目の前の状況を、データを使って客観的に
とらえ、必要なアクションを迅速に取らなければ、無駄なお金と時間を費やした
結果、期待した成果も得られないことになりかねません。

更に最悪なのは、自らがそのような状態に陥っていることにすら気づく術を知ら
ないことです。そのため、ある一定の人だけが専門的にデータを扱えればよい、
のではなく、仕事で使うデータは実務を行っている人みんなが一定のリテラシー
を持つことがとても重要です。

私の研修は、いわゆる学者やコンサルタントと違い、自ら組織の中で実務を20年
間やってきた経験と実績に基づいて、「本当に仕事で必要である、使える」内容
や視点を提供しております。このため、研修のもっとも重要な成果は「すぐに実
務で使える」点にあります。

これには、分析する技術だけにとどまらず、データや課題を見る時に重要となる
視点や軸、そして相手に伝えるための「見せ方」なども含まれています。理屈も
重要ですが、「使えてナンボ」を研修の主なゴールにしています。


●なるほどですね。すぐに実務で使えるというのは、どの企業様も大変に喜ばれ
るポイントかと存じます。研修内容の中身に入りますが、データ分析の重要ポイ
ントが御座いましたら、お教え頂けますでしょうか 。仮説の重要性も、柏木先
生が重点を置かれているポイントと存じますが。


(柏木)
一般のビジネスパーソンが実務で必要なスキルは限られています。難しい手法に
手を出さずとも、基本的なやり方を広く、深く応用できるほうがよほど使い道が
あります(これは実務経験があればあるほど共感頂けると思います)。

また、 分析の手法を習得することももちろん重要ですが、その前に課題を捉え、
仮説を作り、その検証のためのデータ分析という進め方など、実際のプロセスを
知ることが重要です。多くの企業が、データの整理(まとめ)はしているものの、
分析をしたいのだけどできていない、という状況に留まっています。ここから
一歩進むために必要な内容を研修でカバーしております。


●分析にはその前の工程からの視点や実際のプロセスをしっかりとらえる所から
が大事と言う事ですね。又、非常に気になるポイントとしてデータ整理とデータ
分析の違いについて簡単にお教え頂けますでしょうか。


(柏木)
「前年同期比」「過去からの売上推移」など、過去のデータをまとめてレポート
としています。過去の事実を単に知るだけであれば、それで事足りますが、どこ
に問題があり、その要因は何か、までわからなければ、効果的な対応ができません。

「売上が落ちてきている」「クレームが多いが何が問題か諸説ある」といった状
況を解決するには、いくら膨大なデータを整理したところで、その糸口は見つけ
難いことでしょう。そのための、課題特定、要因特定、そして対策の計画までを
数字を使って進めるのが、データ分析です。


●様々なポイントなどのご説明、誠に有難う御座います。高度な分析も大事です
がしっかり目的を捉えて、具体的な計画へのアクションに繋がる分析を大事にさ
れると言う事ですね。素晴らしい事と存じます。

それでは最後に柏木講師は日産社内で社内コンサルタントとして数十の研修やコ
ンサルティングをご経験され、更に社外でも様々なご経験やご実績が御座います
が、その取組やまた成果を簡単に教えてください。


(柏木)
メンバーの価値観や職務経験も多様なグローバル組織で長年、経営課題、実務課
題解決のためのプロジェクトを多数リード、実行してきました。

それらのプロジェクトは、様々な部門(商品企画、マーケティング、営業、人事、
総務など)の課題でしたが、いずれの職種でも共通した解決のためのプロセス、
データの使い方があります。これらの経営課題プロジェクトを長年、年5〜6件
のペースでリードしてきました。

また、実務課題改善のためのV-Upプログラム(GEのシックスシグマの日産版)の
最上級資格であるV-Expertも取得し、現場での実務課題のためのチームを指導し
てきました。これらのエッセンスを私の研修にたくさん反映しております。

特にグローバル組織では、ほとんどの意思決定や意思疎通に「データ(数字)」
が使われます。それが自分の経験や、文化、価値観による独断的な判断のリスク
を軽減し、常にだれにでもわかる形での意思決定ができるからです。

「シンプルに誰にでもわかりやすく、しかも客観的論理的に物事を捉え、相手の
合意を得る」というどの組織であっても必要とされることを実行するための基礎
を研修にてお伝えできればと思っております。


●大変に有難う御座いました。本日はお忙しい中、様々なご対応、誠に有難う御
座いました。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。


<講師プロフィール>

日産自動車  柏木吉基氏

“仕事で使う”「身の丈」データ分析研修を提供します。日産での実績にもとづ
いて、“明日から使える”論理思考力・分析力を伝授します!あなたの会社が、
数字とロジックを使って成果を出せる組織に変わります。


<研修プログラム>

『明日からデータを仕事に使うための 実務データ分析研修 入門』
〜データの整理だけ→実務で役立つデータ分析が出来る〜

 ⇒http://www.kenshudo.net/view_training/?training_id=689


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3.クローズアップ講師&新着講師情報!
────────────────────────────────────

このコーナーでは研修堂のお勧め講師をご紹介します。まずクローズアップ講師
は、研修堂がぜひお勧めしたい実績豊富なプロ講師です!新着講師は、新しく登
録いただいた研修講師をピックアップしてお届けします。


<クローズアップ講師> ※順不同

◆トップマネジメント株式会社  山下 淳一郎氏

⇒成果をあげることは、一つの習慣であり、習慣的な能力の集積です。成果をあ
げる能力は、必ず修得できます。人を創るのは人しかできません。研修という仕事
を通して、「人」と「社会」に貢献したいと願っております。


◆有限会社ビズアーク  水口 和彦氏

⇒難しいと思われがちな時間管理(タイムマネジメント)を、シンプルに実行でき
るよう改良した手法をお伝え致します。簡単にできて継続しやすいと評判です。書
籍3冊を執筆、雑誌掲載も多数ある「時間管理専門」の講師が、わかりやすくお伝
えいたします。


<新着講師> ※順不同

●イノベーション 森野 浩氏

⇒福祉分野に特化した研修・コンサルタントを実施しております。福祉事業であ
れば、労務・人事・経営・育成・営業等、どのような内容でも対応しております。


●八幡谷税理士事務所 八幡谷幸治氏

⇒元国税調査官+大手税理士法人(トーマツ・新日本)で最新の実務経験を約20
年間つんでいます。特に国際税務・税務調査について、分かりやすく説明するこ
とをモットーにしています。


●防災・防犯研究会 福元孝典氏

⇒防災や防犯を含めBCP作成や危機管理等広範囲に研究しています。地域に応じた
避難計画の立案、訓練の支援や自主防災のあり方等について、実際の現場に適した
対応方法が立案できるように指導します。


●医療事務サポート スマイル 神原充代氏

⇒医療事務のレセプト業務&患者サービスで医院の経営を変えていく人の派遣・業
務委託では無く自院雇用の医療事務をプロに育てることで医院に経営力アップへと
導きます


●Dream Company 樋口圭哉氏

⇒単なる知識の集約や理論ではなく「研修を研修で終わらせない」研修として今
話題になっている。そのシンプルで即効性の高い手法には定評がある。


●V.L.P. 薄木洋祐氏

⇒声から自信をつけ、外的要因からメンタルを変えます。売れる営業トークもそ
の鉄則も実際に私が10日で100万円売り上げた経験をもとに作成しています。


●国際ホリスティックフェイス協会 岡本るみ子氏

⇒WHOでは「健康」の定義を肉体的・精神的・社会的に満たされた状態としている。
会社の発展には、人「財」の健康を守ることが基本。現代社会こそパフォーマンス
向上のフェイスエクササイズが必須。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4.今月のおすすめビジネス書
────────────────────────────────────

『経営の処方箋─社長の悩みに効く67のアドバイス』

著者:新 将命  出版社:ダイヤモンド社  価格:¥1,728 

「社員の士気が上がらない」「傷ついた会社の評判を修復するには?」「後継者
が見つからない」。規模の大小を問わず現役社長の多くが頭を悩ます67の経営
課題に“伝説の外資トップ”と呼ばれる著者が明快な答えを示す。20年に及ぶ
経営者としての実績に裏打ちされた、他では学びえない経営アドバイスが凝縮さ
れた1冊。★詳細→ http://urx.nu/dyAn


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5.今月のおすすめセミナー(2014年11月〜)
────────────────────────────────────

●保険営業マン向け「法人営業のツール」提供(11/7・大阪)
コーポレート・ガバナンス・アワード(11/19・東京)すぐに役立つ売掛金回収のコツ(11/21・東京)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■あとがき
────────────────────────────────────
今回のおすすめ研修の柏木先生は、改善以上の組織変革 (ブレークスルー)を
求められる提案部隊でマネージャーとしてコミット&ターゲットの必達を目標に
シビアな局面で成果を出して来られたご経験を持っています。有名な某社長の承
認を得るレベルのデータの分析〜提案書の作り方は、非常に実践的ですぐに役立
つ内容です。データ分析の研修をご検討の企業様は、ぜひお声掛けください!
(ひろかわ)

◎twitterで随時、情報発信しております⇒https://twitter.com/keieido ∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽ ◆社員研修・セミナー講師探しの『研修堂』http://www.kenshudo.net ◆経営コンサルタント探しの『経営堂』http://www.keieido.net <運営会社> 経営コンサルタントの購買代理エージェント《株式会社コンサルジェント》 〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-3 LEAGUE(リーグ)201
〒541-0044 大阪市中央区伏見町4-4-9 オーエックス淀屋橋ビル3F ◎研修堂に関するご意見・お問合せ: http://www.kenshudo.net/contact/ ※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載することを 禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します。 ∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽ このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行しています。 配信解除はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000208077.html ∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
 
powered by まぐまぐトップページへ バックナンバー

ページの先頭へ